札幌散策

札幌で歩くスキーができる8公園のレンタル料と利用時間(2018-19シーズン)

歩くスキー(クロスカントリースキー)を楽しむ男女。

歩くスキー(クロスカントリースキー)は、用具がなくても誰でも気軽に楽しめるウィンタースポーツです。

この記事では、札幌市内で歩くスキーを楽しめる公園を7つ紹介しています。

スキーセットのレンタル料金・利用時間・コースの長さ・各講演へのアクセスなどの情報をまとめています。

また、歩くスキーの滑り方や快適に滑るための服装についても説明しています。

中島公園の歩くスキー無料貸出所。きれいなスキー用具が整然と並べられている。
札幌中島公園で歩くスキーをしよう!無料レンタル場所と借り方を紹介札幌中島公園では、冬期間歩くスキーの無料レンタルをしています。この記事では、レンタル方法やレンタル場所へのアクセス、利用時間や歩くスキーをする時の服装などを紹介しています。...

中島公園はスキー用具のレンタルが無料!

中島公園の歩くスキー無料貸出所。きれいなスキー用具が整然と並べられている。

札幌市中心部にある中島公園では歩くスキーのセット(スキー板・スキー靴・ポール)が無料でレンタルできます。

スキーセットの貸出場所は、中島公園体育センター駐車場に設置されている歩くスキー用具貸出所です。

中島公園の歩くスキー無料貸出所。きれいなスキー用具が整然と並べられている。
札幌中島公園で歩くスキーをしよう!無料レンタル場所と借り方を紹介札幌中島公園では、冬期間歩くスキーの無料レンタルをしています。この記事では、レンタル方法やレンタル場所へのアクセス、利用時間や歩くスキーをする時の服装などを紹介しています。...

1周約1kmのコースはほぼ平坦で、初心者や観光客でも安心して歩くスキーを楽しむことができます。

札幌中島公園の歩くスキーコースから札幌市中心部の眺め。
札幌中島公園の歩くスキーコースの見所や実際に滑った感想札幌市中心部にある中島公園で気軽に楽しめる歩くスキー(クロスカントリースキー)。1周1kmのコースは平たんで初心者向き。無料のレンタルスキーで実走した感想やコースの様子をレポートします。...
所在地 中島公園体育センター:札幌市中央区中島公園1-5
貸出期間 2019年1月4日~3月3日
貸出時間 10時~16時
コース長 約1km
駐車場 60台(歩くスキーで来園の方無料)
アクセス 地下鉄南北線「幌平橋駅」1番出口徒歩5分
TEL 011-530-5906
ホームページ https://www.shsf.jp/nakajima/
備考 1月28日(月)、1月31日(木)~2月4日(月)、2月25日(月)は用具の貸出なし

滝野すずらん公園:初心者から上級者まで多彩なコースで美しい雪景色を満喫!

滝野すずらん公園は、札幌市南区の広大な森に囲まれた国営公園。

冬は「滝野スノーワールド」として、歩くスキーを始め、ゲレンデスキー・スノーボード、チューブすべり、スノーシューでのハイキングなど、様々なウィンタースポーツや雪遊びを体験できます。

歩くスキーのコースは、起伏が緩くて距離の短い初心者向けから起伏が多くて長距離の上級者向けまで全6コースがあります。

所在地 札幌市南区滝野247
冬季開園期間 2018年12月23日(日)~2019年3月31日(日)

※期間内定休日なし

冬季開園時間 9:00~16:00
レンタル料金

歩くスキーセット(スキー板・スキー靴・ストック)

大人:820円

中学生以下:510円

貸出場所 カントリーハウス レンタルコーナー(TEL:011-594-2444)

ロッジゆきざさ(TEL:011-591-4433)

コース長
  • キャンプ場コース:1km
  • エゾリスコース:3km
  • せせらぎコース:5km
  • ノウサギコース:6km
  • キタキツネコース:10km
  • キツツキコース:16km
駐車場 1日:410円

※せせらぎコースを滑る方は「渓流口駐車場」、それ以外のコースは「東口駐車場」の利用が便利です。

アクセス 地下鉄南北線真駒内駅 2番乗り場より「中央バス滝野線(真106)」乗車で約30分

※滝野すずらん公園にはバス停が3つあります。せせらぎコースは「すずらん公園渓流口」で、それ以外のコースは終点「すずらん公園東口」での降車が便利です。

TEL 滝野すずらん公園総合案内

011-592-3333

ホームページ http://www.takinopark.com/

羊ケ丘展望台:広大な雪原を歩くスキーで散歩しよう!合言葉で入場料が割引に!

羊ケ丘展望台の冬のイベント「羊ケ丘スノーパーク」では、歩くスキーの他、チューブすべりやミニ雪だるま作り、かまくら体験など様々な雪遊びを体験できます。

料金は羊ケ丘展望台の入場料(大人520円・小中学生300円・未就学児は無料)のみで、歩くスキー用具のレンタルや雪遊び体験は無料です。

さらにスノーパーク開催期間中は、合言葉「羊ケ丘で雪遊び!」で、入場料が特別料金になりますよ!(大人520円→470円・小中学生300円→270円)

所在地 札幌市豊平区羊ケ丘1番地
スノーパーク開催期間 2019年1月4日(金)~3月10日(日)
時間 10時~16時
料金 羊ケ丘展望台入場料(大人520円・小中学生300円)の支払いで、歩くスキー用具無料レンタル
コース長 200m・1km 子供・初心者向け
駐車場 100台
アクセス 羊ケ丘展望台HPアクセス案内を参照
TEL 011-851-3080
ホームページ https://www.hitsujigaoka.jp

羊ケ丘展望台に来たら、展望台ゲート横にあるラーメン屋さん「札幌豚骨ラーメン常」にも行ってみて!とっても美味しいラーメンを味わえますよ!

札幌豚骨ラーメン常の塩焼レモンラーメン。
ラーメン常(JOE)|札幌で最強コスパを誇るラーメンのデパート!おすすめ厳選10メニュー札幌に無数に存在するラーメン店の中でも、恐らくコスパ最強なのが豊平区福住にある「ラーメン常(じょう)」。メニューの種類が豊富で何を食べても高次元の旨さ。特におすすめの10のメニューと店舗詳細情報をお届けしています。...

札幌市内その他4公園の歩くスキーセットレンタル料金は200円~300円と格安!

厚別公園

  • 所在地:札幌市厚別区上野幌3-1
  • コース長:0,4km・1,3km
  • 期間:2019年1月5日(土)~年3月3日(日)
  • 利用時間:9時~16時
  • レンタル料金:200円
  • TEL:011-894-1144
  • ホームページ:https://www.sapporo-park.or.jp/atsubetsu_new/

川下公園

  • 所在地:札幌市白石区川下2651
  • コース長:0,6km・1,75km
  • 期間:2019年1月5日(土)~年3月3日(日)
  • 利用時間:10時~16時
  • レンタル料:200円
  • TEL:011-879-5311
  • ホームページ:http://www.sapporo-park.or.jp/kawasimo/

農試公園

  • 所在地:札幌市西区八軒5西6
  • コース長:2,2km
  • 期間:2019年1月6日(日)~3月10日(木)
  • 利用時間:9時~15時
  • レンタル料:200円
  • TEL:011-615-3680
  • ホームページ:https://noushi-park.jp/

前田森林公園

  • 所在地:札幌市西区手稲前田591
  • コース長:0、5km・2,5km、3km
  • 期間:2019年1月5日(土)~年3月3日(日)
  • 利用時間:9時30分~16時
  • レンタル料:200円
  • TEL:011-681-3940
  • ホームページ:http://www.sapporo-ark.or.jp/maedashinrin/

モエレ沼公園

  • 所在地:札幌市東区モエレ沼公園
  • コース長:1、5km・3,5km
  • 期間:2019年1月5日(土)~年3月3日(日)
  • 利用時間:10時~16時
  • レンタル料:300円
  • TEL:011-790-1231
  • ホームページ:http://moerenumapark.jp/

歩くスキーの滑り方は?

はじめて足にスキーを付けて立ってみると、思った以上に足の自由が奪われてバランスが取りづらく感じるかもしれません。

でも歩くスキーはゲレンデスキーよりもずっと簡単で、初心者でもすぐに慣れることができます。

初めての方はすぐにコースに出るのではなく、まずスタート地点近くの平らな場所でゆっくり滑ってスキー操作の感覚に慣れるとよいですよ。

足を前後に動かして歩いたりストックで雪面を押してスキーを滑らせたりしながら、雪の上に円や8の字を描いてみましょう。

以下の動画も歩くスキーの滑り方の参考になりますよ。

歩くスキーをするときの服装は?

クロスカントリー用のウェアがあれば一番良いですが、よほど歩くスキーをする方でないと持っていないですね。

お持ちであれば、スキーウェアやスノーボードウェアを歩くスキーをするときに着ても全くおかしくありません。

スキーやスノーボードのウェアは防寒性と防水性に優れているので、雪の上に転んでしまっても平気です。

観光の合間に中島公園などの近場で少しだけ歩くスキーを体験したいという場合は、ダウンジャケットとジーンズのような普段着でも大丈夫です。

ただ雪がつくと服が濡れてしまうので、下だけでも防水性のウェア(ウインドブレーカーなど)を着用したいところです。

帽子と手袋は安全のため必ず着用しましょう。帽子は耳まですっぽり覆う毛糸の帽子がよいですね。手袋は厚手のスキー手袋があると良いですが、無ければ街を歩くときの薄手の手袋でも大丈夫です。

歩くスキーは足だけでなく腕や体幹も使う全身運動。楽しく滑っていると途中からたくさん汗をかきますので、特に子供さんは肌着の着替えがあると体が冷えず、かぜの予防になるでしょう。

着替えが無いときは、タオルの真ん中に頭が入るくらいの穴を開け、頭から被ってインナーの下に差し込んでおき、汗をかいた後にタオルだけスルッと取るという汗対策もあります。汗対策の穴あきタオルは100円ショップでも売っていますよ。

まとめ:誰でも手軽に楽しめる歩くスキーを体験しよう!

歩くスキーのコースはアクセスしやすい札幌都心部にもあり、レンタル料金も無料からと、初心者や子供、高齢者まで、とても気軽に楽しめるウィンタースポーツです。

体力づくりのために運動したいという方も、のんびりと雪景色を楽しみながらという方も、自分のペースで歩くスキーを楽しんでみるのはいかがでしょうか。

中島公園の歩くスキー無料貸出所。きれいなスキー用具が整然と並べられている。
札幌中島公園で歩くスキーをしよう!無料レンタル場所と借り方を紹介札幌中島公園では、冬期間歩くスキーの無料レンタルをしています。この記事では、レンタル方法やレンタル場所へのアクセス、利用時間や歩くスキーをする時の服装などを紹介しています。...
スケートリンク上に白と黒のスケート靴が片方ずつ置かれています。
札幌市内のスケート場6施設の利用時間とレンタル料金まとめ(2018ー19シーズン)札幌市内のスケート場6施設の開館時間・利用料・スケート靴レンタル料・駐車場などの情報をまとめています。 イベントや大会開催など...