楽しくスキー

スキー用具一式(スキーウェア込み) を予算3万5千円でそろえてみた

スキー板・ブーツ・ストックのセットがきれいに並んでいます。

この度、14年ぶりにスキーをしようと思い立った私。

なぜなんでしょう、仕事帰りに目に入る、藻岩山スキー場のナイター照明を見ていると無性にスキーがしたくなったんですよね、突然に。

でも、以前使っていたスキー道具はすべて処分してしまったので、ゼロから買いそろえなければいけません。

といっても冬限定の娯楽にそんなに予算はかけられませんねえ。

スキーウェアも込みで3~4万円ぐらい(できれば3万5千円以内)でなんとかしたいと思っていたら、意外と何とかなりました(*’▽’)

程度の良いスキー用具を安くそろえたい!

なるべく安くスキー用具を買いたい

しかし、スキーというスポーツはどうしてこんなにお金がかかるのでしょうか。

スキー板にビンディング、ブーツ、ウェア、その他小物など一式を新品でそろえると10万、20万は軽くかかりますし、スキー場に行けば行ったで、リフトやゴンドラの料金や食事代が安くないわけです。

でもそれなりに良いスキー道具は欲しい。そうなるともう中古品から探すしかありません。

札幌市内のリサイクルショップは安いスキー用品の宝庫!

スキーショップでアクセサリー類を見るのも楽しい

幸いにも札幌市内のリサイクルショップを巡ってみると、子供用から大人用までスキー用品がとても充実していることがわかりました。

リサイクル品と言っても中にはとてもきれいな品物もあって、しかも驚くほど安い値段で売られているものもあるんですよね。

スキー用品は毎年新モデルが出ますから、新品のようにきれいでも年式が古ければ安くなる傾向があるようです。

中古スキー用具のおすすめリサイクルショップ

実際に札幌市内のリサイクルショップ巡りをしてみて分かったスキー用品が充実しているお店3店舗の情報を、「スキーウェア・スキー板・ブーツ|札幌のおすすめリサイクルショップ3選」という記事にまとめていますので、よろしければご覧ください。

ハードオフ川沿店のスキー板売り場。初心者から上級者用までそろっていました。
スキーウェア・スキー板・ブーツ|札幌のおすすめリサイクルショップ3選この記事では、札幌市内でスキー用品をそろえるのに特におすすめのリサイクルショップを3店ご紹介しています。中古品と侮るなかれ。ショップを選んでじっくり探すと思わぬ掘り出し物と巡り合えるものです。もちろん格安。子供用のスキーセットやスキーウェアもとっても豊富な品揃えですよ(^^)/...

リサイクルショップで購入したスキー用具一式を紹介

何軒かのリサイクルショップのスキー用品を比較検討して、最終的に購入したスキー用具一式を紹介していきます。

リサイクルショップで購入した、スキー板・スキーブーツ・スキーストックです。スキー板とビンディング

やはりまず選ぶのはスキー板ですね。

今回選んだのはサロモンのスキー板

スーパーセカンドストリート大谷地店で、8,900円でした。

2008年頃のモデルかな。そうだとするともう10年以上前のモデルです。

エキップ2Vという板で、大回り系のレース用モデルだと思います。

見た目は新品かと思うほどきれいで、表も裏もほとんど傷がありません。

実際に滑ってみると、レースモデルだけあってどんどんスピードが出ます。

でも全然エッジがひっかからないんですよね。雪面を切ることができず横滑りしてしまいます。

エッジがすっかりまるまっているんですね。

そこで急遽エッジを研ぐエッジシャープナーというものを買って研いでみたら、ずいぶん滑りやすくなりました。

ビンディングもサロモン製で、特に問題なくしっかりスキーブーツを固定してくれます。

中古のスキー板の場合、ビンディングはあらかじめ付いて売っているのですが、ドライバー1本あれば、ブーツの大きさに合わせてある程度調節することができます。

スキーブーツ

スキー用具選びで板と同じかそれよりも大事なのが、ブーツ選びです。

とにかく自分の足にフィットしていて、長時間履いていても痛みや窮屈感がないものでないと、楽しく滑ることができません。

この度私が買ったスキーブーツは、8,900円でした。

テクニカというメーカーのブーツですね。

いろいろなブーツを履き比べてみて、一番私の足に違和感なくフィットしたので、選びました。

こちらもスキー板と同じ、スーパーセカンドストリート大谷地店での購入です。

ブーツを選ぶ時には、実際にスキーをする時に使う靴下やインナーなどをつけて試着するといいですよ。

ブーツの試着の時には次の2点を確認すると良いと思います。

  • 足の指の爪先からふくらはぎの部分まで隙間なくフィットして、特に足首の周辺がギブスをはめたようにしっかり固定されていること。
  • すべてのバックルを締めた時に過度の圧迫感や痛みがないこと。

足をいろいろな角度に動かしたり、周りを少し歩いたりしながら、この2点をじっくりと確かめると良いと思います。

ストック

ストックもスーパーセカンドストリートで買いました。

980円

スキーのストックは、とりあえず自分の身長に合ってさえいればメーカーは何でもいいでしょう。

スキーのストックの適正な長さは、一般的に身長×0.7と言われています。例えば身長165センチなら、115センチを目安にポールを選べばいいですね。

スキーウェア

スキーウェアは流行り廃りの変遷がとても激しくて、大枚をはたいて買ったウェアが数年後にはもう時代遅れのデザインに感じる、ということが少なくありません。

それだけに、リサイクルショップでは、新品同様のスキーウェアが型落ちモデルというだけで、とても安く売られていることも多いです。

この度私が購入したのはこちらのスキーウェアです。

リサイクルショップで購入した、スキーウェアです。

リサイクルショップで購入したスキーウェアです。

ゴールドウィンというメーカーのウェアで、8,900円でした。

型遅れのデモモデルのようなウェアで今流行りデザインではないですが、実際にスキー場で着ていても時代遅れ感はないかなと思います。

防寒・運動性・収納性など、機能面については申し分ないスキーウェアです。

新品時の定価だと、6,7万円ぐらいはしたのではないでしょうか。

それが中古とは言え、数年経つと8,900円で買えてしまうのですから、驚きです。

このスキーウェアは、ハードオフ札幌川沿店で買いました。

ハードオフ札幌川沿店は、札幌のリサイクルショップの中でもスキーウェアの品揃えが豊富でおすすめです。

ヘルメット・ゴーグル・手袋は新品でそろえました

その他スキーをするのに必要な小物用具としては、手袋とゴーグルとヘルメットですね。

こういった小物類は、リサイクルショップの中古品でもそれなりの値段が付いていてお得感がないので、新品を買うことにしました。

リサイクルショップで買った、スキーヘルメット・スキー手袋・スキーゴーグルです。

まず手袋ですが、ホームセンターのホーマックで700円ほどの値段で売っている除雪用手袋を買いました。

除雪用手袋といっても最近のものは、デザインも悪くなくて、スキーで使ってもそれほど違和感はないと思います。

防寒性は高価なスキー用手袋と全く変わりません。

若い時に持っていた本革のスキー手袋は、7000円ぐらいしたので、これでかなりの節約になりました。

次に、ヘルメットです。

久々にスキー場に行って驚いたのが、子供から大人まで多くのスキーヤーがヘルメットをかぶっていることでした。

確かにヘルメットは帽子よりも転倒時の頭の保護になりますし、それに頭全体をすっぽり覆うのでとても暖かいです。

上の写真のスワンズのスキー用ヘルメットは、楽天市場で送料込み4,120円でした。

最後に、ゴーグルです。

ゴーグルも安く済ませようとして、ネットで800円の作業用ゴーグルを買って安くすませたつもりだったのですが、実際に使ってみると曇って曇ってまったく視界が確保できませんでした。

どんなに曇り止めを塗っても全く効果なしです。

それで、ゴーグルはちゃんとしたものを買うことにして、楽天市場で送料込み3,130円で購入しました。

型落ちモデルということで、定価8、000のものが安売りされていました。

こちらはほとんど曇ることがなくとても快適です。

まとめ:予算3万5千円でも満足の買い物ができました!

・板(ビンディング付き):8,900円

・ブーツ:8,900円

・ストック:900円

・ウェア:8,900円

・手袋:700円

・ヘルメット:4,120円

・ゴーグル:3,130円

以上で、総額35,550円でした。

予算3万5千円ですから、いいところですね。

レジャーでスキーを楽しむなら、これで十分でしょう。

実際にスキー場に行って久しぶりの滑走を満喫できましたよ!

(↓こんな感じで滑ってます。私が行くのはもっぱら藻岩山スキー場のナイター!)

ハードオフ川沿店のスキー板売り場。初心者から上級者用までそろっていました。
スキーウェア・スキー板・ブーツ|札幌のおすすめリサイクルショップ3選この記事では、札幌市内でスキー用品をそろえるのに特におすすめのリサイクルショップを3店ご紹介しています。中古品と侮るなかれ。ショップを選んでじっくり探すと思わぬ掘り出し物と巡り合えるものです。もちろん格安。子供用のスキーセットやスキーウェアもとっても豊富な品揃えですよ(^^)/...
レンタルスキースタッフのイメージ画像
札幌藻岩山スキー場|スキーセットのレンタルの仕方や料金を紹介藻岩山スキー場のスキーレンタルってどこで、どんな手順でするんだろう?料金はどれくらい?サイズ選びは?という疑問を解決します。...