札幌グルメ

「みよしのぎょうざチルド」のおいしい焼き方

みよしの餃子チルドの断面

「みよしのぎょうざ」は、1967年(昭和42年)から、札幌を中心にチェーン展開してきた餃子とカレーのファストフード店。

私も北海道の田舎町から札幌に出てきた独身の頃によく行きました。

いつも焼き立てアツアツの餃子と甘口のカレーがセットになった「みよしのセット」を食べていましたねー。

みよしののメニュー⇒http://miyoshino-sapporo.jp/menu_list/

そんなみよしのの餃子を家庭で味わえるのが、「みよしのぎょうざチルド」。

みよしの餃子チルドの外観

中身は餃子12個とみよしの特製餃子たれ(ラー油付き)です。

みよしの餃子チルドを袋から出したところです。

1988年(昭和63年)の発売以来、多くの北海道民に親しまれたきたチルド餃子です。

この記事では、このみよしのぎょうざチルドのおいしい焼き方をご紹介します。

外装の説明通りの焼き方のが一番おいしい

みよしの餃子チルドの外装にプリントされた焼き方の説明みよしのぎょうざチルドの外装にプリントされている美味しい焼き方の説明

フライバンに油(小さじ2)ひき、中火で約30秒熱し、一度火を止めます。

ぎょうざを一個ずつ離して並べ、再び火(中火)をつけて、全体に水1/4カップ(50cc)を振りかけます。

みよしの餃子チルドをフライパンに並べる

フタをして水が無くなるまで約4分間蒸し焼きにします。

みよしの餃子チルドを蒸し焼きにしているところ

カチカチに冷凍している場合は4分半~5分くらい中火で焼くとよいでしょう。

4分経ったら火を止め、フタを開けて確認しましょう。

みよしの餃子チルドが焼きあがった状態

餃子の皮が水分をしっかり吸収してふんわり美味しそうに焼きあがりました(´▽`)

焼き目を上にしてお皿に盛りつけます。

みよしの餃子チルドを焼き目を上にして盛り付けてみた

ちょっと焦げ目が強くつきましたが、許容範囲でしょう。

断面はこのような感じです。

みよしの餃子チルドの断面

ぎょうざの中身の具材は、合い挽き肉(豚・牛)と野菜(キャベツ・たまねぎ・ニラ)のオーソドックスなタイプです。

お店の味にかなり近い!

みよしの餃子チルドを特製ダレにつけていただく。

小皿に注いだ特製たれとラー油に、焼き上がった餃子をつけて、いただきます。

ぎょうざの皮を破らずに上手に焼くと、かぶりついたときにジュワっと出てくる汁が美味しいんですよね。

ご飯が進みます(´▽`)

商品外装の説明どおりに焼くと、みよしののお店で食べる餃子にかなり近い味になることが実感できました。

感動するおいしさというわけではありませんが、札幌市民として長年親しんできた味という安心感がありますね。

ちなみにみよしの餃子チルド12個で、479キロカロリーです。

値段が安いのがうれしい

「みよしのぎょうざチルド」は、北海道内の食品スーパーで買うことができます。

値段はお店にもよりますが、札幌市内の食品スーパー「東光ストア」では税込み170円でした。

みよしののお店ですと、大盛りぎょうざ(9個)が税込み308円なので、12個入りのみよしのぎょうざチルドはお得感があります。

他メーカーのチルド餃子と比べても安くてお得です。

通販でも購入できる

近所のスーパーでは売っていないという方も、みよしの餃子の運営会社テンフードサービスのサイトから通販で買うことができますよ

>>みよしの餃子チルドの通販サイト

お値段は6パックで税込み1,296円12パックで税込み2,376円(1パック12個入り)。

送料が関東地方だと税込み1,188円かかるのでスーパーで買うよりも割高になってしまいますが、機会があれば札幌のご当地ぎょうざ、みよしのの餃子の味を一度ご自宅で味わっていただければと思います。

賞味期限が短め

みよしのぎょうざチルドの賞味期限は、製造日から7日間と短めなので、購入後はなるべく早めに食べる必要があります。

保存方法は?

チルド品なので、0度前後の温度での保存が望ましいですが、チルド室のない冷蔵庫の場合は、通常の冷蔵保存でも賞味期限内であればおいしく食べられます。

みよしのぎょうざの外装フィルムの保存方法欄には、「0~10℃で保存してください」と記載されています。

長期保存するのであれば、冷凍庫で保存し、焼く時には冷凍のままフライパンに並べて5分ほど蒸し焼きにするとよいでしょう。

まとめ:お店の味を家庭で簡単に味わえる

以上、みよしのぎょうざチルドのおいしい焼き方とその他詳細情報でした。

札幌のご当地餃子を安く簡単に味わえるのがとってもいいですね。

説明書通りに焼くとお店の味をかなり忠実に再現できましたので、ぜひチャレンジしてみてください。

みよしの餃子チルドの美味しい焼き方おさらい

  1. フライバンに油をひいて、中火で約30秒熱し、一度火を止める
  2. 餃子を一個ずつ離して並べ、中火をつけ、水50ccを全体に振りかける
  3. フタをして水が無くなるまで中火で4分間蒸し焼きにする(冷凍の場合は約5分)

こちらの記事もどうぞ>>森住製麺の生ラーメン(スープ付)みそ味のおいしい作り方