楽しくスキー

藻岩山スキー場|2019年のリフト無料開放はいつ?

スキー場のトリプルリフトと下から見上げて撮影。

札幌市南区にある藻岩山スキー場では、年に一度リフトの無料開放の日があるのをご存知ですか?

「雪と虹のまつり」の日はリフトが無料開放!

藻岩山スキー場では毎年、「雪と虹のまつり」というイベントが開催されます。

2019年の雪と虹のまつりのポスター。

2019年は、2月7日(木)に開催されます。

「雪と虹のまつり」では、リフトの無料開放の他、花火の打ち上げ、ファイヤーパレード、甘酒提供のサービスなどがあり、毎年大勢のスキーヤーが訪れます。

リフト無料開放の時間

リフト無料開放の時間は、16:00~21:00です。

16時からのナイタースキーだと、通常は2000円(ナイター16券)なところ、無料開放というのはうれしいですね。

ただ、19:00から30分程の時間は、花火の打ち上げとファイヤーパレードが行われるので、一時的にリフトが止まりナイター照明も消えますので、ご注意ください。

ファイヤーパレードって何?

藻岩山スキー場のナイター照明が落とされた真っ暗なゲレンデを、燈火トーチを持った大勢のスキーヤーが行列を作って滑り降りてくるデモンストレーションです。

下記に貼っている動画でファイヤーパレードの様子がご覧になれます。

当日2月7日18:00までに申し込めばどなたでも参加できます。(片手に燈火トーチを持ちながら隊列を保ってをスキーを滑る技術は必要です)

お問い合わせは、札幌藻岩山スキー場管理事務所(TEL:011-581-0914)まで。

花火の打ち上げも見応え満点!

2月7日(木)の19時からは、藻岩山スキー場で花火の打ち上げもあります。

ナイター照明を落として真っ暗になった藻岩山にたくさんの花火が上がるのを間近で見るのはとっても壮観ですよ!

真冬の藻岩山に上がる花火と幻想的なファイアーパレードだけでも見に来る価値があると思います。

2016年の「雪と虹のまつり」で撮影した花火とファイアーパレードの映像がこちら↓

雪と虹のまつりの混雑状況は?

リフト券が無料だったり花火が見られるとあって、平日開催のイベントにも関わらず、毎年大勢のスキーヤーが藻岩山スキー場の「雪と虹のまつり」に訪れます。

藻岩山スキー場の駐車場北斜面側(国道230号、石山通側)50台分、南斜面側(南区北の沢側)は250台分のスペースがありますが、「雪と虹のまつり」の開催時はほぼ満車になります。

北斜面側はスキーロッジに最も近い第1駐車場はすぐに満車になるので、18時過ぎ頃に行くと第2,3駐車場に車を止めて坂道をゲレンデまで5分ほど歩くことになるかもしれません。

普段のナイターは北斜面の第1駐車場でも空いているんですが・・・。

リフト乗り場やゲレンデもいつもより混雑しますが、第1リフトで5~10分程の待ち時間がある他は、第2、3、4リフトはそれ程待たずにスムーズにリフトに乗ることができました。

あくまでも過去年の印象ですが、混雑していても意外にスムーズにリフトに乗って滑りを楽しめます。

藻岩山スキー場へのアクセス

藻岩山スキー場へは車で来る方が多いですが、スキーシーズン中はじょうてつバスが藻岩山スキー場線という臨時バスを運行しています。

バスで

地下鉄真駒内駅から藻岩山スキー場線乗車約15分。

料金は大人250円小人130円(片道)。

運行時刻表等の詳細は、じょうてつバスのホームページでご確認ください。

車で

札幌駅から約10キロ、所要時間約40分。

藻岩山スキー場の駐車場料金は無料

まとめ:リフトの無料開放だけでなく美しい花火も楽しもう!

藻岩山スキー場のリフト無料開放や花火の打ち上げがある年に一度のイベント、「雪と虹のまつり」の2019年の開催要項のおさらいです。

第50回雪と虹のまつり
  • 開催日 2019年2月7日(木)
  • リフト無料開放時間 16:00~21:00
  • 花火の打ち上げ時間 19時
  • イベント内容 リフト無料開放・打ち上げ花火・ファイアーパレード・甘酒サービス等

リフトの無料開放もうれしいですが、真冬の藻岩山に上がる花火の眺めも格別ですよ。

ぜひ一度、藻岩山スキー場の「雪と虹のまつり」に行ってみてください!

https://hoppou.work/moiwa-ski-slopes-night-viwe/

スキー板・ブーツ・ストックのセットがきれいに並んでいます。
スキー用具一式(スキーウェア込み) を予算3万5千円でそろえてみた14年ぶりにスキーをすることになって、スキー道具を買いそろえることに。なるべく良い品を低予算でゲットするため、札幌市内のリサイクルショップを物色。そうしてそろえたスキー用品とスキーウェア・スキー板・ブーツ、その他小物類それぞれの値段を紹介します。...
歩くスキー(クロスカントリースキー)を楽しむ男女。
札幌で歩くスキーができる8公園のレンタル料と利用時間(2018-19シーズン)札幌市内の歩くスキー(クロスカントリースキー)を楽しめる公園の詳細情報まとめ。おすすめは札幌中島公園。都心に近いのでアクセス抜群の上、スキー用具を無料でレンタルできます。レンタル場所やレンタル方法の紹介もしています。...