ラーメン

【ラーメン「ハナウタ」】札幌市白石区で密かな人気のお店の感想

ハナウタの薬膳味噌ラーメン

札幌市の豊平区と白石区の境を走る東北通り沿いに、私がずっと気になっていたラーメン屋さんがあります。

お店の名前は「ラーメン・餃子 ハナウタ」。

もう何年も前に、おいしいお店をたくさん知っている友人から教えてもらって以来、お店の前を通るたびに、いつかは行きたいと思っていたのですが、先日やっと行くことができました。

「ラーメン・餃子 ハナウタ」はどんなお店?

「ハナウタ」は2015年1月開業の札幌市内では比較的新しいお店です。

ラーメン屋ハナウタの外観

なんとなく親しみやすい外観ですね。

私が行ったのは、9月の平日の午後1時過ぎ。

それにしても、中年のいい年になっても、初めてのお店に一人で行くと緊張してドキドキしてしまうのは私だけなんでしょうか。

ドキドキしながらお店の扉を開くと、4人の店員さんの明るくて優しげな「いらっしゃいませ~」の声。事務的ではない、まごごろがこもった感じのその声に、少しだけ緊張がほぐれます。

店の中は、カウンターに5席と小上がりに2卓、計13席のこじんまりとした造り。

内装は昔ながらのラーメン屋さんをちょっぴりおしゃれに感じ。ほのぼのした空気が漂う空間に、さらに緊張がほぐれました。

小上がりは無人でしたが、カウンターは真ん中にひとつだけ席だけが空いていて、そこに案内されました。

右隣にはクールビズ姿のサラリーマンの若者ふたり。すでに食べ終わってそろそろ帰ろうかという雰囲気。左隣には若い男女。

たまたまかもしれませんが、お客さんは若者ばかりですね。

でも、家族連れでも女性ひとりでも気兼ねなく入れる雰囲気のお店です。

「ハナウタ」のメニュー

メニューはどうでしょう。以下メニュー表通りです。(2018年9月中旬時点)

ラーメン

・薬膳香辛味噌(中辛・大辛) 750円

・特辛薬膳味噌(特別辛い) 850円

・薬膳味噌※辛くありません 750円

・豚骨アジ節 醤油 700円

・豚骨アジ節 塩 700円

・麺大盛り 100円

つけ麺

・豚骨アジ節 醤油(夏季) 800円

・薬膳香辛 味噌(冬季) 800円

餃子

・焼餃子(お持ち帰り可) 350円

・水餃子(お持ち帰り可) 350円

・香辛水餃子(お持ち帰り可) 400円

メニュートップにある、「薬膳香辛味噌」というのがおすすめメニューなんでしょうね。

スパイスと辣油をたっぷり使った辛味噌ラーメンなんですって。

ちなみに「香辛」は「シャンカラ」と読みます。

あれ?友人には担々麺がおいしいと聞いてたのに、ないな~、メニューが変わったのかな~、今日は辛味噌の気分じゃないしな~、などと考えて、辛くない「薬膳味噌」を注文しました。

担々麺は夏季限定メニューでした。「ハナウタ」では、定番メニューの他に季節限定メニューがあるんですね。

「薬膳」というところが、ハナウタの特徴なんですね。体に良いものがたくさん入った味噌ラーメンなのでしょう。そういえば、店内にはラーメン屋さんらしからぬ香辛料とかスパイスらしきものの匂いが漂っています。

「薬膳味噌ラーメン」の感想

そして、待つこと7,8分程で、優しい笑顔の店員さんが薬膳味噌ラーメンを運んできてくれました。

ハナウタの薬膳味噌ラーメンきれいですね。

まずスープをすすると、なんでしょう、こっさりした中に、生姜ともちがう、スパイシーなカッカッと体が熱を帯びる感じ。ちゃんと味噌ラーメンなんですが、鼻からの吐息はラーメンというよりもスープカレーのような印象なのがなんとも不思議。頭が混乱してしまいます。ネギの上には、スパイスの粉末がふりかけられています。

それと、チャーシューはのってないんですね。トッピングは、豚肉の細切れと野菜の炒めものですね。きくらげものっていますね。チャーシューは150円でトッピングできますが、私は追加トッピングなしでお腹いっぱい堪能できました。

麺はなかなか噛みごたえのあるストレート麺ですね。味噌ラーメンにストレート麺という組み合わせは初めて食べたかもしれません。私の中で、これも有りかなという声と、でもやっぱり味噌ラーメンには太めの縮れ麺でしょう、という声がかわりばんこに響いていました。

食べ終わる頃には、体中から汗が出てきて、顔中をハンカチで何度も拭うほどでした。薬膳効果なんでしょうか。

札幌味噌ラーメンのイメージとはかなり違った、独自の仕掛けが盛りだくさんのラーメンでした。

スープも一滴残らずいただきましたし、美味しかったです。

ただ辛くない味噌ラーメン+香辛料は私の中でまだちょっと違和感が・・・

初めて食べる独特の味わいに私の脳がびっくりして混乱している状態です。多分何度か食べるとハマるような気がします。

最初は素直に「薬膳香辛味噌」にすべきだったか。辛味噌とスパイスなら相性が良さそうです。

おすすめの「担々麺」は夏季限定メニュー

このお店なら、おいしい担々麺をつくるんだろうな、でもなんでメニューにないのかな(夏季限定メニューです)、などど考えつつ食べていたら、右隣のサラリーマンと入れ違いに座った常連さんと思しき男性ふたりが、「担々麺の中辛」を注文しているではありませんか!もしや、常連さんのみが知る隠しメニューなのか?と思いつつも(担々麺は夏季限定メニューです!)、気が小さくて誰にも聞くことはできないのでした。

「ハナウタ」の営業時間・定休日・アクセス

関連ランキング:ラーメン | 南郷7丁目駅南郷13丁目駅

駐車場あります

店舗の前はすぐに歩道なので、一見駐車場がないように見えますが、ちょっとだけ離れたところに駐車場がありました。

ハナウタの駐車場は、お店から少し離れたところに2台分あります。黒い車が停まっているスペースとその右隣の2台分の駐車スペースがあります。車の影になっていますが、それぞれのスペースに「ハナウタ」の看板があります。

まとめ:独特のたっぷりスパイスのラーメン

ハナウタに関する事前情報が、「担々麺がおいしい」ということだけだったので、こんなにもスパイスを効かせた独特のラーメンを作るお店だったとは本当に驚きでした。

さすがラーメン激戦区札幌。興味深いお店があるものです。

個人的には辛い系のラーメンはあんまり食べないのですが、「薬膳香辛味噌」はぜひ食べてみたくなりました。

あと気になるメニューは、「豚骨アジ節」。ハナウタが作る魚系のラーメンとはどんな味でしょうか。

次回は「薬膳香辛味噌」にするか、はたまた「豚骨アジ節」か。悩ましいところです。

らーめん佳のあじ玉らーめん。
らーめん佳|深い敬意を抱かずにいられない至極のラーメンを紹介札幌市豊平区月寒西の「らーめん佳」の実食レビューと詳細な店舗情報。筆者が近年札幌で食べたラーメンの中では群を抜く旨さ。このラーメンに至るまで佳のご店主は相当な研鑽を重ねて来られたはず。敬意抱かずにはいられない佳の至極のラーメンを紹介します。...
中華そば カリフォルニアの一番人気メニューの塩煮干しそばです。
「カリフォルニア」で札幌にいながら東京仕込みの中華そばを味わう札幌市白石区菊水にあるラーメン店、「中華そば カリフォルニア」。 2015年6月開業の比較的新しいお店ですが、お昼時は平日でも行列...
がじゅまるの味噌ラーメンです。
二代目女かじゅまる|澄川で人気のラーメン店の実食レビューと店舗情報札幌市南区澄川の人気ラーメン店「二代目女がじゅまる」のおすすめメニューと詳細な店舗情報。初代の常連客だったという女性店主が真心こめて作り出す多彩なメニューのラーメンは、どれも抜群の美味しさです。...