札幌グルメ

澄川生鮮プラザの味付ジンギスカンが安くて美味しくておすすめ

生鮮プラザの味付ジンギスカン調理例

我が家では2週間に1回ぐらいジンギスカンを食べます。

ジンギスカンといっても家庭によっていろいろ作り方があると思いますが、我が家のジンギスカンの作り方はとっても簡単。

パックの味付ジンギスカンを買ってきて、フライパンで野菜と一緒に焼くだけです。

今では食品スーパーでおいしい味付きのジンギスカンが売っていますから、そういった既製品で済ませることが多くなりました。

澄川生鮮プラザの味付ジンギスカン

我が家ではよく食べるのはこちら、

澄川生鮮プラザの味付ジンギスカンのパック

札幌市南区澄川の食品スーパー「生鮮プラザ」で売っている味付ジンギスカン。

1パック500グラム入りで480円。

生鮮プラザの味付ジンギスカン500グラムパック

100グラム当たり96円って激安じゃないですか?

一体どこ産のラム肉なんだろ、なんも書いてないけど。

澄川生鮮プラザの場所

澄川生鮮プラザは地下鉄澄川駅から徒歩5分ほど。

私が育った地方の港町の商店を彷彿とさせる、かなり昭和な雰囲気の食品スーパー。

お肉、魚、野菜がとってもお安く買えるとあって、いつもご近所の主婦の方々でにぎわっています。

レジのおばちゃんの愛想がなくてかったるそうな仕事ぶりがまたなつかしさを感じさせてくれます。

そういえば子供の頃よく行ったいなかの商店のレジのおばちゃんもこんな感じだったわ、みたいな。

生鮮プラザの味付ジンギスカンの美味しい食べ方

以下、生鮮プラザで買ってきた味付ジンギスカンのおいしい食べ方です。

といっても薄く油をひいたフライパンで野菜と一緒に焼くだけ。

生鮮プラザの味付ジンギスカン調理例

今回は玉ねぎと豆腐を一緒に焼いて作ってみました。

焼く順番は、肉→玉ねぎ→豆腐。

焼くといっても、たれがけっこうな量なので煮るといった方が正確かもしれません。

ラム肉のすき焼きみたいなものです。

ジンギスカン肉1パック500グラムと玉ねぎ(小さめ)2玉、豆腐一丁で2~3人前。

追加の味付けは一切なし。

もともとお肉と一緒にパックに入っているタレだけで十分美味しいんです。

甘さとしょっぱさが絶妙なバランスで、羊肉の臭みもほとんどなくてとっても食べやすい。

ご飯がどんどん進んじゃいます。

ジンギスカンどんぶりにして食べると最高。

しかも家庭で作る味付ジンギスカンのような、素朴な味がするんですよねえ。

だからまた食べたくなっちゃう。

生鮮プラザの人が作ってるんだろうか、この味付ジンギスカン。

レシピ教えてほしいなあ。